足に痛みを感じるようになってから初めて、自分が巻爪になっている事に気付く方もいらっしゃるでしょう。そんな時、一体どのような治療をされるのか不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)になるかもしれませんね。巻爪の治療には幾つかあり、その症状の進行具合や先生の治療方針によっても変わってくるはずですが、一般的には矯正法を勧められるみたいですね。けれど、巻爪の状態が酷く痛みも激しい場合には、外科的な治療を行うケースもあります。巻爪の外科的な治療としては手術が挙げられますが、その方法にも、鬼塚法、フェノール法、レーザー法、全抜爪などがあります。最近ではフェノール法が主流になっているようですが、これは爪の幅を狭くして爪の角が皮膚に刺さらないようにします。方法としては、幅が約数ミリの巻爪のふちを爪の根っこの部分である爪母(そうぼ)から切り、フェノールにつけて爪母細胞を死滅させる事で、爪がまた生えてこないようにしてしまったりするやり方です。メリットとして手術時間が約10分とすごく短く、炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)や膿みが出ている状態でも手術が行え、さらに痛みも少ない事が挙げられます。治療には健康保険が適用されますので、経済的な負担も少なくて済みますね。けれど、この方法では爪の幅が狭くなってしまうのでに足の踏ん張りが利き難くなる事もありますし、巻爪が再発してしまう可能性も少なくないようです。どちらにしても、早い段階で巻爪の治療を行う事が大切ですので、巻爪に気付いたら早めの受診を心掛けるようにしましょうー